忍者ブログ
加圧トレーニングは筋力トレーニングのほかに、ダイエット、美容にもいいです。加圧トレーニングは専用ベルトを使って専用のジムで行います。加圧トレーニングは、東京、大阪、名古屋、横浜など、各地のジムで行えます。

スポンサードリンク


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


加圧トレーニングは、専用のトレーナーのもとで行うのが基本です。専用ベルトで腕と脚の付根の血管を圧迫するので、専門知識が必要だからです。そのため加圧トレーニングをしたい場合は、加圧トレーニングができるジムに行く必要があります。

加圧トレーニングを東京でやりたい場合は、渋谷や麻布、目黒などといろいろありますが、今回は、大阪名古屋横浜のジムを紹介します。

大阪の加圧トレーニングジム
<PERSONAL FITNESS STUDIO BBB>
ここは、会員制の加圧トレーニングジムですね。大阪市中央区にあって、地下鉄堺筋線か京阪の北浜駅のすぐ近くにあります。会員制なので安心して通えるのがメリットですね。

名古屋の加圧トレーニングジム
<ミニマアーリング>
名古屋の加圧トレーニングサロン、ということです。名古屋市東区にあって、名古屋駅からバスで行けます。管理栄養士に食事とサプリメントのカウンセリングもしてもらえます。アロマトリートメントで癒してももらえます。

横浜の加圧トレーニングジム
<N’s Nexus(エヌズ ネクサス)>
横浜市中区にあります。伊勢佐木町ですね。関内駅から歩いて行けます。
予約制のマンツーマントレーニングとなっています。鍼・灸・スポーツマッサージなども行っていて、リハビリやメディカルケアも取り入れています。

加圧トレーニングは今大人気ですので、大阪、名古屋、横浜だけでなくその他の都市でもどんどんジムができているようですよ。
PR

スポンサードリンク


加圧トレーニングは筋力トレーニングにもってこいですが、それ以外にダイエット効果、美容効果もあります。特にダイエットするにはとてもいい方法です。

加圧トレーニングがダイエットにいいというのには、3つの理由があります。

【理由1】
加圧トレーニングをやると、成長ホルモンが多く分泌されます。成長ホルモンは脂肪を分解してくれるので、言うまでもなくダイエット効果があります。

【理由2】
加圧トレーニングをすればかなり筋力アップします。しかも、一度ついた筋肉が衰退しにくいというのも加圧トレーニングの特徴です。筋肉というのは脂肪を燃やして熱を発するものなので、筋肉量の多さ=脂肪燃焼量の多さ、となるので、太りにくく痩せやすい身体になって自然とダイエットできるようになります。

【理由3】
ダイエットに一番いいのはやはり運動ですが、理想の体重まで減量するにはかなりの運動が必要となるためなかなか難しいですし、続けることが大切なので「継続」という壁もあります。それらが重なって挫けがちなダイエットですが、加圧トレーニングによるダイエットならそうはなりません。加圧トレーニングは軽い運動でも強めの運動と同じ効果を得られるものなので、簡単に短時間でできます。なので、「きつい」ということが少なく楽に続けることができます。ダイエット効果も抜群なので、継続意欲も落ちません。

さらに、加圧トレーニングには美容効果もあります。
成長ホルモンの多量分泌、新しい毛細血管の増量などから、肌の健康が促進されて若々しい状態を保つことにつながるからです。

加圧トレーニングって、実に女性向きなトレーニング方法ですね。

スポンサードリンク


加圧トレーニングっていうのは、とある日本人が考え出した日本発の筋力トレーニング方法です。この加圧トレーニングによるトレーニングをすると、普通に筋力トレーニングをするよりも大きな効果を短期間で得ることができます。そして同時に、ダイエット、美容効果もあります。

加圧トレーニングのもっとも特徴的なところは、腕と脚の付根を専用のベルトで締め付けた状態でトレーニングすることです。「締め付ける」といっても決して強く締め付けてしまうわけではなくて、血流を制限するために圧力を加える程度に専用ベルトを締めます。この「圧力を加える」というところから「加圧トレーニング」と言われているわけです。

では、加圧トレーニングはなぜこのように腕と脚の血管を抑圧した状態でトレーニングするのでしょうか?加圧トレーニングのメカニズムを順を追って解説することで説明しましょう。

まず、運動をすると筋肉中に乳酸などの疲労物質がたまります。そして筋肉にストレスがたまると、脳から成長ホルモンを分泌させる命令が下されます。この成長ホルモンは血液とともに全身に運ばれ、筋肉を作って脂肪を分解します。 加圧トレーニング用の専用ベルトで血流を制限していると普段は使われていない毛細血管も活発になっているので、成長ホルモンを全身の隅々まで行き渡らせることができるのです。さらに、加圧した状態で運動すると加圧していないときよりも成長ホルモンが多く分泌されますので、加圧していない運動よりも軽い運動でも充分に効果があります。

 つまり、負荷の軽い運動でも負荷の高い運動と同じような効果を得る状態を、専用ベルトで血流を制限することによって人為的に作り出す。これが加圧トレーニングの仕組みなのです。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

サイト管理者
アクセス解析
忍者ブログ [PR]